5月例会

 

令和4年5月16日、ホテルセントパレス倉吉にて5月例会が開催されました。テーマ「高く遠くへ飛びたければ、嵐へ向かって飛べ」

~副業から学ぶ~

不透明な日本経済状況が続く中、企業として収入柱を増やし、安定的に継続できる様に、一年間を通じて副業について学んで欲しいとの会長の想いを受けて、今期各委員会内で学んできたことを発表する例会が行われました。

 

welcome委員会は、株式会社リアルコーディネートの林 直樹社長と、

アンジン(株)の平井 雄亮社長を講師として招いて勉強会を行った。

日本の将来的な問題の中で、老後2000万円問題とインフレによる資産価値の減少に着目し、年金受給額の減少、円安インフレ問題が継続的に続く事によって被る負債を回避するためには、投資という観点では有名銘柄の分散投資を長期的に保有することが望ましく、また数十年後には現在の職種の65%が消滅することが考えられるため、将来的に出てくる新しい業態の事業に敏感に投資を行うことが重要であるとの内容でした。

思い立ったが吉日委員会は、すぐに副業ができる環境か?現実的なところを考え、「自分が副業をする」のではなく、「副業したい人を活用する」と言う所に注目しました。実際に委員会内で、加登脇委員長、西田会員がLoinoという、都市部人材と地方企業のワークシェアリングを実現するための地方副業マッチングプラットフォームを通じて人材を探し、自社が必要とする見積書やHPの作成を行った。条件が合う人が見つかれば、業者へ受注するより安くて自社にあった独自のモノが出来上がる、副業人材活用事例の説明でした。

 

フロンティアスピリット委員会は様々なテーマで年4回の勉強会を開催。会員企業が行っている副業の発表や、自社の新事業開拓へと繋げる発表を行った他、

講師には保険代理店の

神谷 道規さん、合同会社ローディーネットの津村 佳英社長、地方銀行勤務の小室雄祐さんを招いて

商品先物取引、M&A、アリフェイト、資産運用(NISA、確定拠出年金)について学ぶなど、「フロンティアスピリット委員会」という名前に負けないように、開拓者精神で1年間活動をしました。

どの委員会も独自で調べる、学んで吸収する事に邁進して、経済人として成長できる一年となりました。