4月例会

「ストレスを溜めない職場環境づくりやストレスケアについて」

岡山コミュニケーション研修講演企画 稲田尚久様

 

Welcome委員会 藤本長寿

 

ビジネスマンとして必要な事の一つは職場環境を良くすることだと思います。

私自身、若い従業員との接し方や物の言い方で悩む事が多々あります。

今回の講師の稲田様から学んだことの一つが、「怒り方」です。

怒り方ひとつで職場の空気が変わるので、上手な怒りかたや注意の仕方について考える所が多くありました。 稲田様から学んだことのポイントとして「怒る方」も「怒られる方」も納得できて、わだかまりが無い話し合いをする事が必要だという事です。

一方的に失敗や不注意を起こるのではなく、なぜ失敗したのか?体調が悪いから不注意だったのか?など相手を思いやる気持ちで接すればお互いにギクシャクした雰囲気にならないので、そうした話し方のアプローチはとても有効だということを学びました。

また、怒る以外の事でも職場の環境や空気を大切にすること(マネジメントする事)は 生産性を向上しますし、何より経営者としての自分のストレスも少なく出来るとお思いました。今日の話を今後の会社経営の参考にしていきます。